鎌倉日仏協会 フランス文学読書会


概要
沿革
会則
会員の広場
シャンソン教室
フランス文化サロン
フランス文学読書会
フランス料理教室
原書講読の会
原書購読の会 II
フランス語教室
お問い合わせ先
機関紙 ARC-EN-CIEL
鎌倉日仏協会ブログ

現在日仏読書会と呼ばれている読書会は2007年10月に邦文でフランス関連の本を読もうということで発足しました。

最初の本はジョルジュ・サンドの『魔の沼』でした。続いて約1年をかけて渡辺一夫の『曲説フランス文学』を読み、フランスの思想史と文学史の概略を知ることができました。その後、バルザック、ジッド、プレヴォ、ヴォルテール、ラファィエット夫人などの小説を読んで来ました。

この読書会は参加される方々が自由に感想を述べ合い、そこから話題が広がるとても楽しい読書会です。どなたでもご参加を歓迎いたしております。ご気軽にお出かけ下さい。

次回:2017年4月10日(月)10:00〜12:00
場所:鎌倉生涯学習センター 第2集会室
読む本:ジョルジュ・シムノン著 「黄色い犬」「男の首」の推理小説。
     世界推理小説全集第19巻、創元推理文庫139-1

     アマゾンで合本で中古購入できます。
     訳者:宮崎峰雄、中島河太郎

お問合せ等は、事務局 篠塚さん 
電話・FAX 0467−24−2439

読書会の風景