鎌倉日仏協会の概要



鎌倉日仏協会は、1995年(平成7年)、故新田俊三氏(初代会長)を中心に、フランスと日本の市民レベルの交流を目的に設立された非営利団体です。現在の主な活動は、フランス語教室、シャンソン教室、フランス料理教室、フランス語原書購読会、フランス文学読書会、フランス文化を語る「サロン・ド・フランス」、在日フランス人団体との交流となっております。


概要
沿革
会則
会員の広場
フランス語教室
シャンソン教室
フランス文化サロン
フランス文学読書会
フランス料理教室
原書講読の会 I
原書購読の会 II
お問い合わせ先
機関紙 ARC-EN-CIEL
鎌倉日仏協会ブログ

鎌倉日仏協会のホームページが会員だけの手によって新しくアップされました。
この機会に、もう一度振り返ってこの鎌倉日仏協会の原点を考えたいと思います。

鎌倉日仏協会は、1996年4月新田俊三教授を会長とし会員数14名で設立されました。
「ところで設立者達は何を考えたか。設立時のメンバーたちは新しく発足するこの日仏協会への大きな期待を持って数々の計画、抱負、夢の熱い想いを語っていました。」これは、2005年11月の10周年を記念して発行された我々の会報「Arc-en-Ciel」の巻頭文からの引用です。 
その抱負、夢はこの会報にちりばめられていますが、原点は、この会報1号で新田教授が、鎌倉日仏協会について語っている「鎌倉日仏協会が鎌倉市民がフランス文化に接する良い場となること、日本文化をフランスに紹介する為の良い窓口になること、鎌倉と云う地域に根ざした日仏文化交流を目的とする。」と述べ、国と国との交流とは違った市民レベルでの交流の在り方を考えたいと云っている処にあります。
鎌倉日仏協会はこの精神を底流として設立され肩肘を張らない日仏交流を目指して今日まで運営されて来ました。 設立から15年、現在会員数は93名となり活動している部会は11部会になりました。 各部会の状況はこのホームページでご覧頂く通りです。

冒頭述べた10周年記念号の編集後記に編集担当の桑田、佐々木会員がホームページを持つことを夢見てこう書いていました。 「1997年会報第2号で新田会長の巻頭言の中に『今私が考えて居ることは、鎌倉日仏協会のホームページを作ることである。これが出来れば文字どおり鎌倉は日仏文化交流の窓口になる。』」。 会員達が強く、強く望んで来た我々のホームページの枠組みが会員の努力で組み上がりました。 これから我々全会員がこの枠組みをどう発展させるか、どんな素晴らしい構造物にするか、を受け持つ番です。 会員はもとより会員以外の方々もしげしげと訪れたくなるように会と会員の活動を生き生きと反映する楽しい、そして使い勝手が良いホームページにして行きたいですね。

本年4月1日から鎌倉日仏協会は「一般社団法人鎌倉日仏協会」に生まれ変わりました。 今までの任意団体から法人格をもった団体に切り替える目的は、第三者による名称の誤用を避けることと、法人名義で契約等の法的行為を可能にするためであり、社会的存在となった鎌倉日仏協会の性格を反映する為のものです。 昨年の総会で提案し一年かけて検討してきて今年1月の臨時総会で御承認を得て4月1日に登録できました。

15年前に会員数14名で発足した我々の協会が此処まで来たことに若干の感慨をお持ちの方々も多いと思いますが、設立者達の夢を達成する道はまだまだ遠く、その上に更に新しい夢を持って高みを目指して歩き続けて行きましょう。
             2011年4月 一般社団法人鎌倉日仏協会 会長 佐野昭三

鎌倉日仏協会 平成23年度新年会及び臨時総会

平成23年1月22日(土)銀座アスター鎌倉賓館で臨時総会が開催され、鎌倉日仏協会の一般社団法人化が議決されました。
臨時総会の後、新年会が催され会員の親睦が行われました。